ようこそThe Alchemist's Place :: Alt-Photo-jpへ

Alt- PhotoとはAlternative Photo Processの略で、プラチナプリントやサイアノタイプなど一般に古典印画技法と呼ばれる写真技法のことです。つまりゼラチンシルバープリントや発色現 像をするカラー写真など一般的に使われていた技法以外のものを総括してこのように呼んでいました。しかし今ではデジタル写真が「普通の」写真になって、こ れまで主に使われてきた銀塩写真もオルタナティブプロセスの仲間入りをしたと言っても過言ではないでしょう。

ハンドコートプロセスについては書籍でもネットでも英語での情報はかなり多くありますが、日本語での情報はまだまだ少ないのが現状です。このサイトはフォーラムを中心とした日本語での情報の交換の場として立ち上げました。

ゲストのままでもフォーラム以外のほとんどのコンテンツを閲覧できますが、投稿することはできません。是非メンバー登録してご参加下さい。

 
 
和紙にプラチナプリント
作者 西丸 雅之   
2013/07/31 Wednesday 03:07:00 GMT-9

 
APIS 2012 Tokyo
作者 西丸 雅之   
2012/07/05 Thursday 20:50:27 GMT-9

オルタナティブ・プロセスをテーマとしたオルタナティブ・プロセス国際シンポジウム、 通称 APIS を2012年9月に東京で開催します。貴重な研究発表やデジタルネガを特集しパネルディスカッションが行われます。

主催  APIS 2012 実行委員会

協賛  日本写真芸術学会
日本大学芸術学部
株式会社ピクトリコ
フォト・ギャラリー・インターナショナル

開催日 カンファレンス 2012年9月8日(土) 9:45 – 17:00
ワークショップ 2012年9月9日(日) 10:00 – 17:00

場所  日本大学芸術学部 江古田校舎
東京都練馬区旭丘2-42-1
 

APIS2012公式サイト

 
デジタル画像からのプラチナ・プリント・ワークショップ@東京都写真美術館
作者 西丸 雅之   
2012/06/06 Wednesday 01:44:08 GMT-9

東京都写真美術館でワークショップをさせていただくことになりました。

デジタルカメラなどの画像からインクジェットプリンタを使って拡大ネガを作成し、感光液を自分で塗布して作った印画紙に焼き付けをします。

1dayワークショップなので階調を補正するトーンカーブ作成の実習はせず説明だけ行い、こちらで事前に準備したトーンカーブを適用してネガ出力します。

プラチナ・プリントがどんなものか一度体験してみたいという方にちょうどよいと思います。
 

「自然の鉛筆 表現と技法」展プレイベント デジタル画像からのプラチナ・プリント・ワークショップ
東京都写真美術館ウェブサイト

 
アンブロタイプ&ティンタイプ ワークショップ
作者 西丸 雅之   
2012/05/02 Wednesday 23:13:47 GMT-9

スカリー&オスターマン夫妻による
アンブロタイプ ・ ティンタイプ ワークショップ(日本語通訳付)

日時:2012年9月14-17日
場所:東京都内
受講者数:8名(申込順)
受講料:税込147,000円(材料費込)

協力:株式会社アマナサルト

コロジオンプロセスを現代に復興させたマーク・オスターマン、フランス・スカリー・オスターマン夫妻を招聘しウェットコロジオン法アンブロタイプとティンタイプの製作方法について学びます。19世紀半ばの処方と技術を用いて自分で5x7インチ判のダイレクトポジティブプレートを制作しながら段階を踏んでプロセスを学びます。

4日間のワークショップはジョージ・イーストマン・ハウス国際写真博物館で開催されているワークショップに準じた内容で、コロジオン法の歴史と化学理論、西洋と日本におけるコロジオンポジティブの史料調査についてプロジェクションを使ったレクチャー、カメラや道具の選択についてなどのディスカッション、アンブロタイプ、ティンタイプ、人着、バーニッシング、コロジオン液や処理液の調合、屋外撮影用移動暗室の制作などのデモンストレーションなど盛りだくさんな内容になっています。

受講者はオスターマン夫妻著のマニュアル「Basic Collodion Technique」とコロジオンプロセスのカラー比較チャートをお持ち帰りいただけます。

受講にあたって経験は必要ありません。

※ 本ワークショップに宿泊などは含まれません。必要な方はご自分で手配ください。

お申し込みはこちらから
https://www.pgi.ac/cart/product/p-1377.html


キャンセル返金について
開催中止の場合は全額返金いたします。
お客さま都合によるキャンセルについて開始日の1ヶ月より前のキャンセルは決済および返金手数料を差し引いた金額を返金いたします。それ以降のキャンセルについては返金いたしません。

SCULLY & OSTERMAN STUDIO ウェブサイト
http://www.collodion.org/

 
新井卓「光、礫、水」展
作者 西丸 雅之   
2011/01/14 Friday 02:43:15 GMT-9

 Contemporary Photography #3 - 新井卓

 「光、礫、水」
ダゲレオタイプ、拾得物、映像による<滝>
 
 
Meiji University presents Contemporary Photographers #3
 
Takashi Arai  ____ "Lights, water, conglomerate"
 
14 - 24 January 2011  OPEN: [Mon-Fri] 9:0019:00 [Sat] 9:0018:30 [Sun] 10:0016:30
Meiji University Gallery ZERO (Ikuta campus)
 
 
 
 
昨年の秋の終わり頃、ふとしたきっかけで訪れた遠野で、わたしは数々の滝に出会った。
早池峰の尾根は弱々しい残照に赤く染まり、静まり返った山野に滝の瀬音だけが大気を冷たく振動させていた。
遠野は遥かむかし、湖の底だったと言い伝えられている。見えない湖の辺縁から、弛みなく流れ落ちる無数の滝。
滝は状態や現象をあらわす言葉であり、そこには実体がない。
図書館という空間の中で、滝を見ること。
どのようにして、それが可能になるだろうか?ひとつの問いに沿って、制作を試みた。
 
 
■会期 2011年1月14日(金)〜2011年1月24日(月)
■開場時間 [平日] 9:00〜19:00 [土] 9:00〜18:30 [日] 10:00〜16:30
■会場 明治大学生田図書館 Gallery ZERO  〒214-8571川崎市多摩区東三田1-1-1
小田急線生田駅下車南口徒歩 約10分
※お車でのご来校はご遠慮下さい。
■主催 明治大学大学院理工学研究科ディジタルコンテンツ系芸術学研究室
■レクチャー&トーク
1月21日(金)18:00〜19:30 生田図書館Gallery ZERO ※予約不要・無料
新井卓+倉石信乃(批評家・明治大学准教授)、司会 伊藤貴弘(明治大学大学院)

 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>

結果 1 - 5 of 272
 
 

© 2016 The Alchemist's Place
Joomla! is Free Software released under the GNU/GPL License.
Translation is Joomla!JAPAN